英語検定。

英語を勉強していく一つの目標として英検やTOEICとかありますよね。そういう検定があるのは勉強する意欲につながるからいいですよね。
英語検定なんか、たまに小学生が英検○級合格なんて、ニュースになったりして、英検の取得年齢がどんどん低くなっているようですね。

それだけ小学生・幼稚園などから英語に触れさせるようになったんでしょうね。
ただ、あまり急がせて受けさせることはないかも。英語の実力が伴っていないのに受けても結果が良くなることはないので。
英語の実力を知るのであれば、TOEICにした方がいいかもしれませんね。合否がないので、今の実力を知るきっかけになるし、何ができていないのか分かるかもしれません。

a0960_000238

英語検定は合否があるから、受ける前は対策が必要でしょう。小学生の英語の授業の低学年化がささやかれている今、英語検定を受ける年齢も低くなってくるし、受験人数も増えていくでしょう。

それだけ英語に対する認識が高まっているのはいいと思います。無理に受けなくても・・・という人もいるかもしれないけれど、将来就職する時に英語が話せることが入社条件の会社も続々でてくるでしょう。そういう時に受けておいてよかったって思ってくれるといいですよね。

英会話カフェとか、英会話教材とか色々ありますから、自分なりにレベルアップしていければと思いますね~。
ちなみに私はロゼッタストーンという教材が今気になっています。